愛用中のこぎん刺し材料

先週末のお買いもののとき、神戸のドヰ手芸にも行ってきました。
そして、こぎん刺し用の布たちをいくつか購入。

d0320168_13281378.jpg

    めんどくさくて袋に入ったまま撮影・・・

これまで持っていなかった、淡い色合いのものと、よく使う定番色を買い足しました。



ちなみに、今まで持っていたものはこちら。

d0320168_13293036.jpg


ちょっと濃くて落ち着いた色合いのものが多かったのです。
この布は、ゴールデンウィークに広島に行ったとき、 「きぬや」というお店で購入しました。

きぬやさんでは犬扇のコングレスとツヴァイガルトの刺繍布を取り扱っていました。


もともと、こぎん刺しを始めたとき、一番最初に買ったのはコスモのコングレス(紺色)です。
だけど、コングレスはかなり厚みがありしっかりしているので、大き目のバッグなどしっかりさせたいものには向いていますが、巾着袋のようなクシュクシュっとさせたいものには少しごつすぎるのが悩みでした。


犬扇のコングレスは、コスモのものより若干やわらかい気がします。
そして、色が豊富。
なかなか店頭では売っていないので、広島に行くことになったとき、広島なら都会だから扱っているお店もあるだろう♪、と思って、事前にネットで下調べし、きぬやさんにたどりついたわけです。
お店に行った日は、ちょうど刺繍布20%オフの日でした。超ラッキー!


犬扇のコングレスは綿100%ですが、麻の風合いのものにも興味があったので、一つだけツヴァイガルトのフローバを購入してみました。(→フローバ使用巾着袋の過去記事)
麻が入っているせいか、やわらかい上に涼しげな風合いになりました。とっても気に入っています。


そして今回、神戸に行くのを決めたときには、ぜったいドヰ手芸にも行くぞ!と心に決めていってきました。
ドヰ手芸さんは、ツヴァイガルトの刺繍布の種類が豊富です。

今回は、コングレスよりやわらかい布を探すことと、少し目の細かいものを探すのが目的でした。
まず、コングレスより柔らくて、目数が同じぐらいなのがツヴァイガルトのダボサでした。
そして、目の細かいものは、ツヴァイガルトのベラナ。80目/10cmです。

色の薄いものも手に入ったし、目的達成です!


↓ 私のこぎん布コレクション♥
d0320168_14153093.jpg



覚書として布の詳細を書いておきます。
  コスモ       コングレス     67目/10cm   綿100%
  犬扇        コングレス     70目/10cm   綿100%
  ツヴァイガルト  ダボサ       71目/10cm   綿100%
  ツヴァイガルト  フローバ      68目/10cm   レーヨン70%、リネン30%
  ツヴァイガルト  ベラナ        80目/10cm  綿52%、ビスコース48%


刺繍布ってお値段が高いのが悩みの種・・・。
大事に大事に使いたいと思います。 


また糸のことなどもご紹介していく予定です。


-------
こぎん刺しとは関係ないですが・・・・。

昨日、どうしても気になる部分のお掃除をしてみました。


ここ、ここ↓

d0320168_14331488.jpg

    汚くて申し訳ないです。。

そう、天井です。
我が家はふるーい賃貸アパートですが、キッチンの天井の電気が壊れ、手持ちのものと交換することにしました。もともとついていたのは、ごく一般的な円盤状のシーリングライト。それをはずしてバー状の4連スポットライトに付け替えたのはよいのですが・・・・。

はずしたシーリングライトは、天井に接触する部分についていた黒いスポンジが、経年のせいか劣化してボソボソの粘着性たっぷりの物質に変化し、天井にこびりついていました。雑巾でふいてみたものの、ネバネバが伸びるばかりでとれず、2~3日ほったらかしにしていました。

が、すっごく気になる。。
そこで、昨日、気合を入れて掃除してみました。
使ったのはマジックリンとエタノール。
したたるほどのマジックリンでしばらくゴシゴシすると、ネバネバがとれてきました!
仕上げはエタノールで。

ピカピカとはいかないけど、だいぶきれいになりました。

d0320168_1440024.jpg


もともと天井の壁紙が一部はがれていたりしてますが、そこは無視。

とりあえず、満足です。

お掃除のあとは一人晩ごはん。
ごちそうさまでした。

d0320168_14431189.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2013-07-03 15:02 | こぎん刺し | Comments(0)
<< 愛用中のこぎん刺し材料 その2 こぎん巾着 >>