愛用中のこぎん刺し材料 その2


今日はまず、私の糸コレクションから。

d0320168_13284622.jpg


こんな風に雑に箱に入れています。


編み物用の糸は、使うときに中の芯を抜いてしまうため、ラベルと一緒にファスナー付の袋に入れて。
未使用のものも芯をぬいてしまえばスペースが空くのですが、めんどくさいので使用するときまでそのままです。
ちなみに、箱はお祝いに頂いた食器が入っていたものを再利用です。しっかりしていてちょうどよい。。いつかお気に入りの箱ができたら、そちらに移しかえたいなぁ。


こぎん用ではないけれど、太さも質感もちょうどよく、気に入っている糸がこちら ↓。

d0320168_13333037.jpg


「プレジデントラミー」です。
プレジデントのリネンコットンも、艶はないけれど太さ的にはOKです。すこしもさっとした雰囲気ですが。


どちらも約80mで298円(私は198円でゲット)。こぎん糸なら18mで210円。言わずと知れた25番刺繍糸は8mで105円。コスト的にはダントツ1位です。


色の種類は25番刺繍糸の足元にもおよびませんが、16色もあり、しかもこぎん刺し向きの色がそろっています。基本的にはプレジデントラミーを使い、どうしても色にこだわるときには刺繍糸を使うようにしています。


私の家の近くでは、イオンに入っているパンドラハウスが取り扱っています。火曜日はポイント5倍で、さらにワンデーパスポートと併用できるので10%OFFのときに仕入れに行っています(笑)。


あ、ここまではあくまでも「コングレスに合う糸」の話です。
昨日ご紹介した80目/10cmのツヴァイガルト ベラナには、刺し子糸も合うのではないかなと思っています。(これから試します)


そして、いつも図案を作るときに参考にする本はこちら。

d0320168_13494297.jpg



私的には右側の「こぎん刺しの本」というのがお気に入りです。模様にしても、仕立てるものにしても、とてもセンスのいいものが掲載されています。
「25番刺繍糸でこぎん刺しを楽しむ」は、最後のほうにのっている、刺繍糸でのグラデーションの作り方の部分が、目からウロコでした。新しい技法を知ることができて、見ごたえのある本でした。


あとはネットでほかの人の作品を参考にさせていただき、そこから図案を起こしたりもしています。そういうときはExcelが大活躍。編み物の図案を起こすときにも使います。実際に色の組み合わせを試してみることもできるし、とっても便利です。


あとはーー、針ですね。最初はクロスステッチ用の針を使っていたのですが、短くて糸を引っ張る回数が多くなるので、早々にオリンパスのこぎん針を仕入れました。やっぱり専用に作られたものは使い勝手が違います。これは早めに買って正解でした。もうちょっと長くてもいいかなぁ。


こぎん刺しって、針と糸と布さえあれば、いつでもどこでもできるのが良いですね。またいろいろな情報を集めていきたいと思っています。


------

きのう、実家の庭に咲いていたアガパンサスをもらってきました。

d0320168_1421527.jpg


まるで花火のような形で、大好きなアジサイの色にも似ていて、とても夏らしいお花です。
部屋の中が涼しげになりました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2013-07-04 14:16 | こぎん刺し | Comments(0)
<< 最近のごはん 愛用中のこぎん刺し材料 >>