こぎんオリジナル図案


夏休みに行った白川郷からインスピレーションが湧いてきて、こぎん刺しの図案をつくってみました。


とっても印象的だった白川郷の合掌造り。

d0320168_13433092.jpg


この三角屋根の中の四角や丸がこぎん刺しに見えてしまったのです。その中でも、目をつぶると浮かんでくるのが丸い車輪?糸車?のようなもの。(本当はなんなのでしょう?)

そこで、この車輪のような糸車のような丸い形をモチーフにしてみました。


図案の名前は、ずばり『白川郷』 (笑)↓。

d0320168_13472141.jpg


三角屋根の中の丸い車輪です。そう見えてきませんか??


この図案、丸い形を表現するのがとても難しかった・・・。こぎん刺しの基本、1,3,5,7を忠実に守ろうとしたのですが、2目ずつ増えるとなめらかな丸を描けないのです。糸の部分はなんとか奇数を保ったのですが、裏をすくう生地の部分は偶数部分ができてしまいました。こぎん刺し、とは呼べないですね。


ちなみに裏はこんな感じ。

d0320168_13511495.jpg


遠くはなれて見るとかっこいいです。


そして、刺しっぱなしももったいないので、ファスナーつきのポーチに仕立ててみました。

d0320168_13522448.jpg



内布はベージュのチェック柄です。

d0320168_1352544.jpg



このこぎん刺しの模様、自分では「車輪だ」と思って作っていたのですが、はたと気づくと「米、米、米」って書いてあるように見える・・・・。米俵?お米屋さん?? 糸の色も薄い茶色なので、余計そう見えてきます。


見た目にも、上に書いたように目数についても、納得いかないオリジナル図案デビュー作となりました。修行あるのみ!


そして、数々の伝統的な基本モドコを考案してきた、昔の人々の頭の良さを思い知りました。本当にすごい。尊敬します。


↓↓ 応援クリックお願いいたします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2013-08-26 14:01 | こぎん刺し | Comments(4)
Commented by Eri at 2013-08-27 04:39 x
銭湯の次はお米屋さん?というのは冗談で、この柄、色を変えて、4つ、または9つのひし形ワンポイントで使ったら雰囲気がガラッと変わるんじゃない? あ、でもワンポイントだと、こぎん刺しとは言わないのかな?
Commented by eym3 at 2013-08-27 13:18
ワンポイントでもこぎん刺しはこぎん刺しだよ。確かに、ひし形のまわりを、この前の額縁のように「流れ」で刺したりしたら、雰囲気が全く違うものになりそうだね。まずはパソコンで試してみるよ。アドバイスありがと!
Commented by q at 2013-09-04 20:51 x
なんてきれいなんでしょうか。オリジナルだなんてすごすぎます!
刺繍糸の色合いも品がよくて、中の布地ともよくつりあっていて
気品があると思います。
Eriさんとなさっているコメントが完全に未知との遭遇なのですが
これ以上にまだまだ工夫の余地がある???ということは
うっすら理解できました。
このお作品もほれぼれしてしまいました。すごいです。
かっこいいという言葉が浅すぎるかんじでもどかしいです、
端正、美麗、崇高、そのへんでしょうか。
ご自分の手でこのように美しいものを作り出せるというのは
すごくうれしいものなのでしょうね?わからない想像の世界です。
溜息です。
Commented by eym3 at 2013-09-05 13:46
qさんへ
ここでもお褒めいただき・・・、ありがとうございます。
自分の目で見て心動かされたものを図案にできたら、それこそオリジナルと呼べるこぎん刺しが出来上がるのではないかな、と思っています。納得いくものができたときにはとっても嬉しいんじゃないかと思います。それまで精進あるのみ!です。がんばります(*^_^*)
<< こぎん刺しのヘアごむ かわいい動物グッズ >>