こぎん刺しのぺたんこポーチ


こぎん刺しのぺたんこポーチが完成です。


自分でもどんな仕上がりになるか楽しみにしていたものです。


d0320168_1320982.jpg



総柄は総柄でも、なかなか面白い全体像になりました。


この図案を思いついたきっかけは、前田セツさんのこぎん刺しの本を見ていたときのこと。流れがたくさん載っているページがあり、いつもは図案を起こしたくて細かい部分をじーーーっとみているのですが、ふとページ全体を見渡しました。そして、流れだけをつなげたら斜めで面白い図案になるかも、とひらめいたのです。


なので、ほとんどが、単体ではそれメインになるようなモドコではなく、流れや囲みに使うような脇役の図案たちなのです。普段は脇役でも、集結すれば新鮮で見ごたえのある図案に変身するものですね。少し目線を集めるような柄も欲しかったので、お気に入りの「うろこ」も入れました。全部が小さな柄だと目がチラチラとしてしまいますが、これによって自然と目線が定まり、しっかりした印象に仕上がったと思います。



裏は、シンプルにしたかったので、斜めストライプ?斜めボーダー?斜線?にしました。

d0320168_13282868.jpg


単調になりすぎないよう、少し図案にリズムが欲しかったので、3本おきに太い線を入れてみました。



そして、表のふたになる部分。ここもどんな図案にするか迷いに迷いました。いつもなら大好きな市松模様にする私ですが・・・・。今回は裏の斜線模様をそのまま続けてもってくるか、表からモドコを一つとって並べるか、などなど悩みました。なるべく表にびっしりと糸がわたっていて、色が濃くなるような図案にしたかったので、最大限濃くなるようにしてみました。

d0320168_13374051.jpg


なんだか刺繍ではなく、織物のようです。これだけでも素敵かも。

家にストックしてあったファスナーを使ったのですが、ちょいと白すぎたようです。こんなところで手を抜かず、もっと合う色を買ってくれば良かった・・・。なんだか不自然に白い歯の芸能人のようです・・・・・(笑)。



内布は、シンプルに生成り。

d0320168_1339121.jpg


表の柄が細かいので、内布まで柄ものにするのはやめました。そのほうが表の柄が際立つような気がして。


今回、はじめてファスナーの位置がてっぺんではなくて途中にある形のポーチを作りました。てっぺんにあるものよりファスナーの端の処理が簡単で作りやすかったです。使いやすさはどうなのかわかりませんが・・・。


なにより、今回は図案をどうしようか、あれこれ悩んだので、それがとても楽しかったです。本に載っているものを作るときは、絶対に素敵なものができあがるののですが、最初から出来上がりが想像できてしまいます(それでも十分楽しいけどね)。自分で思いつきながらオリジナルを考えると、本当に仕立て終わるまで想像がつかず、わくわく感がずーっと続いて、とても楽しい時間でした。


さぁ、次はある人に差し上げるプレゼントを作らなければ!どんどんいきますよ~。



↓↓ 新しい図案を思いつけるよう、応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2013-09-30 13:51 | こぎん刺し | Comments(4)
Commented by 蜜柑 at 2013-09-30 16:50 x
わ〜!!これいいですね!
流れで模様をつくるなんて発想がとても新鮮!うろこも効いてますね。色も爽やか〜。こぎん糸ですか?
いろんな工夫や楽しみが込められてるのが伝わってきます。
これ欲しいなあ(笑)
Commented by eym3 at 2013-10-01 10:47
蜜柑さんへ
ありがとうございます。なかなか面白く仕上がりました。糸はこぎん糸ではなく、プレジデント ラミーという麻の手編み用糸です。こぎん糸より艶があって、硬い感じ。ふっくら感は少し劣ります。でも気に入っているので全色買い揃えてあります(笑)。夏糸なので、もう店頭から消えてしまって、これで冬が越せるか心配です(#^.^#)。
Commented by 蜜柑 at 2013-10-03 01:56 x
ほんと、モダンだけどこぎんの良さもしっかり出てて素敵な作品です〜!
手編み用の糸は種類も色数もたくさんあって作品の幅も広がりそうですね。そっか〜、私もいろいろ試したら気に入るのが見つかるかもしれませんね(*^o^*)
いつも参考になります!ありがとうございます☆
Commented by eym3 at 2013-10-03 13:33
蜜柑さんへ
手編み糸は種類がたくさんあって、光沢や撚りの強さ、太さ、質感など様々です。糸選びもなかなか面白いですよ。私も冬にむけて、毛糸で刺してみたいな~、なんて思っています。チャレンジャーかしら?
<< トイレに秋がやってきた 秋のお散歩 >>