こぎん刺しをラッピング



今日は今年最後のピアノのレッスンの日です。


今年8月から、月に1回のペースでレッスンしてもらっています。ブランク17年。数えるとすごい・・・。ただ、幼稚園の時から13年もずっとピアノを習っていたので、勘はすぐに戻ってきました。が、、、指は昔のようには動きません。


昔は怖かった先生。コンクール前などは、何度レッスンの出直しをくらったことか・・・。泣きながら弾いたことも多々あり。そんな先生が、大人になった私にはとっても優しいのです(笑)。先生いわく、「昔、言われたとおりに練習してきて、そこで終わってしまってはもったいない。自分で好きな曲を自由に弾けるようになって、初めて本当の音楽と言えるのよ」と。


本当にそうだな~、と思います。昔、子供だった頃にはわからなかった人生のいろいろ(笑)も経験し、大人になった今だからこそわかる、曲の解釈というものもあります。うれしい気持、人生どん底という気持ち、せつない気持ち、恋する気持ち・・・、いろいろな体験をしたからこそ、それぞれの作曲家が音に込めた意味がわかるのだな~、と、大人になって実感。だから、先生の説明が、昔よりス~っと心に入ってくるのです。何度言われてもわからなかったのに・・・。不思議なものです。また何十年かしたら、さらに人生経験を積んで、より深く理解できるようになるのでしょうか?これからの変化が楽しみです。


d0320168_15280702.jpg


「弾きたい曲を」ということで、チャイコフスキーの舟歌を練習しています。恋に悩む青年。その悶々とした気持ちや、ちょっと上手くいきそうな予感やら、やっぱりだめか・・・、という青年の心情が、ゴンドラに揺られながら表現されていく。 ←あくまで私の解釈です。弾いていて切なくなります。


前置きが長くなりましたが、そんなお世話になっている先生に、感謝を込めてプレゼントをしようと思います。以前作っておいたコースター(過去記事はコチラ)の中から、先生のイメージに合わせてピンクと水色をチョイス。ラッピングしてみました。


d0320168_15162140.jpg

いつものごとく、半紙にハンコをぺたぺた押したものを台紙がわりに。


d0320168_15162594.jpg

タグにメッセージも書いてみました。半紙もタグもマスキングテープも透明袋もシールも百均(笑)。安い材料でも工夫次第でかっこよくなっちゃいます。


先生、喜んでくださるかな?私の感謝の気持ちが伝わると嬉しいです。






↓↓ 本日も応援クリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2013-12-10 15:50 | こぎん刺し | Comments(6)
Commented by hitoharico** at 2013-12-10 16:32 x
こんにちは。
私もこぎんをしております、hitoharicoと申します。

ピアノを弾かれているのですね!
私も小学~中学、と教えていただいていたピアノの先生のところにわが子2人を再び通わせることになり・・・、
そして今、私もときどきおじゃまして、先生にピアノを教えていただいています。
なので記事を読ませていただいて、わかるわかる~~というきもちでいっぱいになりました。
私は今4月の発表会に向けて、くるみ割り人形の中の「花のワルツ」の練習をしています♪
昔とちがって、新しい曲に挑戦するのがとてもたのしくて(笑)
子どものときにやっていたピアノが、大人になってこんなに宝物になるなんて~~って、
まさに同じ気持ちで、おもわずコメントしてしまいました^∇^

またお邪魔させていただきますね、。
突然で失礼いたしました。
Commented by eym3 at 2013-12-11 13:47
hitoharico** さんへ
はじめまして。コメントありがとうございます!憧れのhitoharico** さんからのコメントに驚いていしましました。実はいつもこっそりとhitoharico** さんのブログを拝見し、素敵な作品だなぁとひっそり感激していました。声をかけていただいて光栄です(#^.^#)

hitoharico** さんもピアノを弾かれているんですね。共感していただけて嬉しいです。発表会に出られるなんてすごいです。考えるだけでドキドキしちゃう。でも、ピアノを弾くのは楽しいですよね。昔がんばっておいた甲斐がありました(笑)。

私もときどきhitoharico** さんのブログにお邪魔しますね。今度は勇気を出して声をかけてみたいと思います。こぎん刺しについても、聞いてみたいことがたくさん。いろいろ教えてくださいね。

では、またお待ちしております!
Commented by eri at 2013-12-11 21:52 x
舟歌、メランコリックなメロディーがいいねぇ。6月の曲だから選んだの?感情を目一杯込めないと、途端に面白くない曲になっちゃうから難しそう。そうそう、カノンはどうなった?こちらは春の歌が全然上達しないよ。
Commented by eym3 at 2013-12-12 13:12
eriへ
とても素敵な曲だよ。6月の曲っていうのは後から知ったの。偶然。お風呂で歌うとすっごく気持ちよく感情を込められるんだけど、弾くとついていけないのよね・・・。

カノンは次回が仕上げ。次の連弾は、ハチャトリアンの剣の舞。腱鞘炎になりそうな激しさだよ!
Commented by chisato at 2013-12-13 10:48 x
はじめまして。
私も今年からこぎん刺しを始めました。ブログを始められた頃から読ませてもらっています。
手芸何でもなさってきた経験からでしょうか?こぎんもどんどん作品を作られていて日々すごいなあと思っています。
実は私は長年ピアノを教えてきました。ピアノのレッスンバッグを作られたときから、まあ素敵!と思っていたのですが、先生にこぎんのプレゼント、先生はさぞ嬉しいだろうなって、先生の立場になって考えてしまいました。なので思い切ってコメントさせていただきました。
私は生徒さんだった方の結婚祝いにこぎんで何かを!とおもっているのですが、なかなか行動に移せません。考える時間が長すぎるので。

またフィンランドは友人が住んでいたので遊びにいきがてら、音楽祭を回ったりしました。今も別の友人が結婚して住んでいます。
なので、なんだか共通点が多くて、今日コメントさせていただきました。

大人になっても細くても長くピアノに向かわれることは本当に嬉しいことです。是非頑張ってくださいね!
Commented by eym3 at 2013-12-13 11:50
chisatoさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます!
ずっとこのブログを読んでいただいていたなんて、光栄です。ありがとうございます。

手芸は大好きで、もうライフワークのようになっています。最近はご存じのとおり、こぎん刺しにどっぷりはまっています。とにかく何かを作りたくて、仕事に行っている時間がもったいない!と思うほどです(笑)。

ピアノの先生をされているんですね。先日の私の先生へのプレゼントは喜んでいただけたみたいです。コースターとして使って汚してしまったらもったいない、と、レッスン室の置物のマットとして、一緒に飾ってくださっています。

生徒さんへの結婚のお祝いもいいですね。ぜひ素敵なものを考えてくださいね。

フィンランドにご友人がいらっしゃるとは!うらやましいです。とっても素敵なところですよね。私も2度行きましたが、まだまだ何度でも行きたい国です。

このブログでは、こぎん刺し以外にも、私の日常をつらつらと綴っていこうと思っています。ご興味のある話題がありましたら、またぜひ声をかけてください!
<< こぎん刺しのブローチ クリスマスのクロスステッチ >>