ロシアの食器*グジェリ村へ

 

昨日の予告通り、今日は2年前にロシアのグジェリ村へ食器を買いに行ったお話です。とても長い記事ですけれど、よかったらお付き合いください(#^.^#)


グジェリ村はモスクワから南東へ車で約2時間のところにあります。私たちは、ロシア人の運転手さんにお願いして、車で連れて行ってもらいました。だから電車やバスなどの公共交通機関を使って行けるのかどうかは知りません・・・。


土曜日に出かけたのですが、ロシアでは大都市モスクワに住む人々が、田舎のダーチャ(別荘)で週末を過ごすため、田舎に向かって移動するので、道路がとても混雑します。渋滞に巻き込まれないよう、朝早くモスクワを出発しました。


グジェリ村に入ると、ロシアのちょっとした田舎(すごい田舎には何もなさそう・・・)の風景が広がっています。


d0320168_13410010.jpg

メインの道路から続く脇道。舗装もされていません。両脇にダーチャが立ち並び、それぞれの家の柵が見えます。電柱も心もとない感じで立っています。なんだかドナドナの歌が聞こえてきそう・・・。


d0320168_13410090.jpg

こちらは道路脇の光景。大きなおしりのおばあさんと、積み上げられた果物、古ぼけた車とその中のマッチョでタトゥな咥えタバコのお兄さん。信号待ちで止まった時、オォっと思って思わずシャッターを切りました。いかにもロシア~って感じで、お気に入りの一枚です。


さぁ、お目当てのグジェリ陶器の工場へ到着です!


d0320168_13590986.jpg

真ん中のミイラは母です(笑)。この建物もいかにもロシア、というか、ソビエトって感じです。『冷たい』という印象^^。1階の出っ張った部分が直販所になっていて、奥の4階建ての建物が工場です。今回は工場見学の予約をしていたので、中の様子を見ることができました。興味津々。


d0320168_14195508.jpg

絵付け後、焼成工程を待つ食器たち。こんな状態のものがあちらこちらにありました。地の色がピンク色なのには、意外な訳がありました。1回目の素焼き(このときは白色)の後、ひびが入っていないかどうかを確認するため、ピンク色の釉薬をかけるそうです。そんな工程があるなんて、初めて知りました。


d0320168_13410070.jpg

絵付けをする職人のおばさん。いろいろな太さの筆を使って描いています。お皿を回しながら、シュシュシュ~と絵を描いていました。すごいな~。


使う顔料はコバルトだそう。昔はいろいろな色の色素を使って、青以外の色の食器も作っていたそうです。その中でコバルトブルーだけに絞られていったのは、コバルトが一番安い原料だったからだそう。超現実的な選択方法(笑)。でも結果的にとても素敵なので良い選択でしたよね。


この工場では、これらの工程以外に、最初の型ぬきのところから、焼成窯まですべて見せてくれます。土曜日だったので工場はお休み。なぜ絵付けのおばさんだけが居たのかはよくわかりませんでしたが、作業風景を間近で見ることができてラッキーでした。


そして、工場には併設の展示室があります。ちょっとした博物館のよう。


d0320168_13410056.jpg

作家さんごとに作品が展示してあります。何人かの作家さんを工場が雇っている、という形態のようです。それぞれの作家さんで、全然雰囲気の違う作品になるのが面白い。個性がはっきりと出ていました。


さて、工場を後にし(もちろん工場の直販所でもお買いものしましたよ)、道路脇に点々とあるお店を3軒回りました。一番たくさん買い物したのはこちらのお店。


d0320168_14370822.jpg

左端のミイラ2体は母と姉です^^。お店の中の写真は興奮しすぎて撮り忘れ(笑)。倉庫のように棚がいっぱいあって、もう棚の上から下までびっしり、無造作に食器が並んでいました。そんなお宝の山の中からお気に入りを発掘するのは、超興奮のひとときです。あっちがいいか、こっちがいいか、あれこれ悩み、他にも掘り出し物はないかとキョロキョロ。私のティーセットのほとんどはここで買いました。姉も自分用のティーセットをひと揃え。段ボール2個分の荷物となりました。


だけど、日本人の観光客がバカみたいに買っている、というわけでもなく、現地の若いロシア人カップルが、私たちと同じように食器をひと揃え買っていったり、他にもたくさん買っているおばさんもいました。値段が安いこともあってか、やはり日常使いされている食器のようです。


別のお店の中の様子 ↓


d0320168_13410071.jpg
電気のシェードまでグジェリ。ここが一番お店らしいお店でした。他のお店は倉庫か?っていう感じのそっけなさのところが多かったです。これまたソビエト式っぽくてよかったですけどね。


家に帰って(姉の家に泊めてもらっていました)荷解き。


d0320168_13593677.jpg

段ボール2箱+レジ袋3つ分の食器たち。


d0320168_13410055.jpg

私のティーセット、姉のティーセット、母の買ったお土産。お店が開けそうです~。


ちなみに、姉のティーセットはこんな感じ ↓


d0320168_13410035.jpg

私のものに比べると、かなり繊細な柄です。ネット模様が特徴的。そしてお値段もだいぶ高かった(!)。でもこちらも素敵だな~。


というわけで、2日に渡ってグジェリ陶器の魅力をお伝えいたしました(笑)。伝わりましたでしょうか?? ながーくなりましたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました029.gif






↓↓ 昨日はたくさんのクリックありがとうございました!!
   本日もよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-01-29 15:12 | 食器 | Comments(4)
Commented by まりんこ at 2014-01-30 14:55 x
こうズラッとセットで並ぶと、圧巻ね。やっぱり素敵!
今年は手に入るかも(^^)
Commented by eri at 2014-01-30 18:37 x
きっと手に入るでしょう??
Commented by eym3 at 2014-01-31 14:58
まりんこへ
素敵だよね~。どんな雰囲気のものがいいか、リクエストしとくといいよ。それと、食器棚の場所を開けなきゃね^^。
Commented by eym3 at 2014-01-31 15:00
eriへ
うわ~、一緒に選びに行きたいなぁ。ベレスタも探しといてね!
<< 作りかけのこぎん刺し ロシアの食器*グジェリ >>