観察日記*白牡丹


春は植物の成長がめざましいですね。我が家のベランダガーデンも、始めてから1ヶ月。たった1ヶ月の間に、ずいぶんともっさりしてきました。その中でも、私が今、一番気にかけている、多肉植物の白牡丹の成長記録を作ってみました。


この白牡丹、ベランダガーデンの中では唯一、去年から我が家にいる子なのですが、悲劇にみまわれ、かわいそうな子なんです。その悲劇も含め、ごらんください(笑)。




●4月13日
d0320168_13513077.jpg

ベランダガーデンを始めた日の様子です。去年から我が家にいて、ずっと外にほっぽりだされ、雪にまみれながらも越冬しました。ひどい扱いを受けていたというのに、春になって茎に子供がたくさん生まれました。けな気なこの子も、ベランダガーデンの一員として見守っていきます。今までごめんよ。


●4月22日
d0320168_13513079.jpg

親株の隙間から、何やら怪しいものが伸びてきています。子供かと思っていたけれど、もしかしてお花? それにしても、頭が重そうで、このままこの鉢に植えておいていいものやら、悩ましい。



●4月27日
d0320168_13513009.jpg

悲劇は起きました。この日、夕方にベランダに出てみると、生首がゴロっところがっていました(怖)。この写真では、台の上に首がのっていますが、発見したときはベランダの床の上にゴローンと。びっくりしすぎて、その恐怖のシーンの写真はありません・・・。やはり頭が重すぎたのか。悩んでいないで早く植え替えてあげればよかった。毎日成長を楽しみにしていたのに・・・。



●4月28日
d0320168_13513064.jpg

多肉植物なので、このまま土に挿しておいたら根が出てくるかも、と気をとりなおし、一応挿してみました。これで合っているのだろうか・・・。根っこがなくなって、株が弱ってくるので、花は切り取ってしまったほうがいいのだろうか・・・。などなど、多肉を育てるのは初めてな私は、どうしたらいいのかわかりません。


●5月1日
d0320168_13513064.jpg

悲劇が起きてから4日目。株の上のほうは変化ないけれど、下の方の葉の水分がなくなって、しわしわのよれよれになってきている。このまま全部の葉が朽ちていくのか・・・。



●5月8日
d0320168_13513013.jpg

私の心配をよそに、元気に花が咲きそう! 黄色い花が見えてきました。


●5月11日
d0320168_13513073.jpg

ついに開花!
d0320168_13513069.jpg

もっとグロテスクな花かと思っていたけれど(笑)、けっこうかわいらしい花でした。


●5月15日
d0320168_13513033.jpg

今日も元気に花を咲かせています。


d0320168_13595632.jpg


無事に根っこも生えてきていました。とりあえず、親株はこれで生き延びられそう。ほっとしました。


------------------------------------------

さて、あの悲劇の日、親株はもしかしたら死んでしまうかもしれないので、子孫を残しておこうと思い、白牡丹の増やし方を検索してみました。そうしたら、葉をちぎって土の上に置いておくだけで子供が生まれる、とのこと。さっそく試してみました。



●4月28日
d0320168_13580106.jpg

悲劇の日の翌日。とりあえず葉を置いていみました。


●5月2日
d0320168_13580110.jpg

何やらちらっと白いものが出てきたような気がする・・・。(葉の根元の部分です)



●5月8日
d0320168_13580129.jpg

2度目の悲劇が発生。ゴールデンウィークの旅行から帰ってくると、『これは水槽か?』というぐらい、鉢の中に水が入っていて、この葉っぱが水の中に沈んでいました。超びっくり! 犯人は父でした。私たちの旅行中にベランダに水をやりに来てくれた両親。母はベランダの植物に、父が家の中の植物に水をやってくれたそうです。何も知らない父は、からからに乾いた土をみて、水をたっぷり遣ってくれたのでしょう。でも、、やりすぎ! 他の観葉植物も、受け皿から水があふれ、畳が水浸しでした。なんということでしょう・・・。でも、水やりに来てくれてありがとう。あまりの衝撃に、写真はありません。

だいぶ話がそれましたが・・・、急いで救出し、乾いた土の上に置いてみました。で、落ち着いてよく見てみると、子供が生まれている! あぁ、けな気に水の中で発芽したんですね。この子のたくましさに感動です。




●5月12日
d0320168_13580145.jpg

なんと、子供は双子っぽいです。


●5月15日
d0320168_13580153.jpg

ぐんぐん大きくなる~。もしかして三つ子? 毎日、家に帰って一番にこの子を観察しています。楽しみで楽しみでたまりません。現在の悩みは、この子たち、どれぐらいの大きさになったら土に植えるのだろう?水やりはいつからするのだろう?ということです。どなたか詳しい方、教えてください!







↓↓ ながーい記事に最後までお付き合いくださり、ありがとうございます。
   最後にワンクリックよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-05-16 10:49 | ベランダガーデニング | Comments(4)
Commented by まりんこ at 2014-05-16 19:27 x
多肉植物って強いんだねー!思わず一緒に応援しちゃったわ(^^)
それにしても父…ドンマイ。おもしろ過ぎ。
Commented by ハナ at 2014-05-17 09:35 x
はじめまして。 ハナと申します。
今年の2月からこぎん刺しに興味を持ち
下手っぴながらも続けています(*^-^*)
eym3さんの記事を参考に
もう少し上手になれたら良いな~

葉挿しの多肉ちゃん、、、
発根したら水やりOKのサインですが
親葉がついてる状態の時は
水やりしなくても大丈夫です!
親葉から栄養をもらっているので
親葉が枯れるまではそのまま放置してても
ある程度までは育ちます。
土に植えるタイミングは、、、
いつでもOK (* ̄m ̄)ふふ
今の状態のまま植えても大丈夫ですし
少し大きくなってからでも何の問題もありません!
葉挿しの観察って楽しいですよね~
ワタシもアホかってほど
毎日ジーっと見つめています(*´艸`*)
Commented by eym3 at 2014-05-18 02:24
まりんこへ
応援ありがとう。おかげさまで今日も元気に花を咲かせているよ。日々、子供が大きくなっていくので、成長が楽しみ。また大きくなったら写真載せるね。
Commented by eym3 at 2014-05-18 02:29
ハナさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます!

こぎん刺しされているんですね。こぎん刺し、とっても楽しいですよね。お仲間がいて嬉しいです。

多肉ちゃんも、ほんとにかわいい。毎日毎日ながめています。
葉挿しの子はもう水をあげてもいいんですね。もう少し根が長くなってからにしようかしら・・・。せっかく生まれた子をダメにしたくないので、恐る恐る、慎重になってしまいます。

ハナさんはたくさんの多肉ちゃんを育てていらっしゃるんですね。blogを少しだけ拝見しました。またゆっくり見させていただきますね。多肉の先輩として、いろいろ教えてくださいね。よろしくお願いします!
<< こぎん刺しのコースター*その2 こぎん刺しのコースター*その1 >>