カテゴリ:カリグラフィー( 4 )

クリスマスカード2014


クリスマスの週がやってきました。今年のクリスマスカードは、簡単に手描きで。


d0320168_14322587.jpg

右下の街は、ゼンタングルの本に載っていたものをアレンジして、エルサレムの街っぽくしてみました。夜空にはお星さまを。ひときわ輝くダビデの星も。


Merry Christmasの文字は、カリグラフィーペンで。ついでにカード上下の赤と緑の模様も描きました。この色使いだけでグッとクリスマスっぽくなりますね。


d0320168_14322525.jpg


とりあえず2枚。家の数が違うのです。手前のものを先に描いて、ちょっと寂しいなと思ったのでもう一枚は家を増やしてみました^^。


とっても簡単な手抜き手描きカード。これを添えてクリスマスプレゼントを贈りました。みなさんもよいクリスマスを!





↓↓ 本日も応援クリックよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-12-22 14:41 | カリグラフィー | Comments(0)

カリグラフィーのウェルカムボード


昨日ご紹介したカリグラフィー。

これまでに作った一番の大物はこちら。

d0320168_1336579.jpg



2007年なのでかれこれ7年前に作ったものです。

この大きなリボンに苦労しました。

このリボン、5本の線がいっぺんに描けるペン ↓ で描くのですが、

d0320168_13423832.jpg

                コイトペン

5本の先端に均一に力がかかるようにしないと、かすれてしまって5本線にならないのです。なので、ゆっくり慎重に、と思って描くと、リボン全体にリズムが出なくて流れるようなリボンにならなかったり・・・。


コピー用紙30枚ぐらいにリボンばっかり描き続けて、その中から良さそうなものを選んで他のパーツを仕上げていきました。まるで上手く書けない文豪のように、「あ~失敗、次!あ~これもだめだ、次!」なんて、青いリボンのコピー用紙がテーブルの周りに散らばったのでした(笑)。


ちなみに、使っているのはA3コピー用紙です。最初はケント紙に描こうと思って準備したのですが、インクとの相性が悪く、インクが滲んでしまいました。コピー用紙は大抵のインクを吸着するし、表面がなめらかですべりが良いのでペン先のひっかかりもなく、とても扱いやすいと思います。何枚でも失敗できるし!


「Welcome」と「Wedding」の『W』の大きさが違ったり、全体の文字をもう少し寝かせて描いてもよかったかななどと思いますが、絵心のない私にはこれが精いっぱいかな。


妹が気に入ってくれて、大切に今でも部屋に飾ってくれているのがうれしいです。ドクター・マーチンのインクと、水彩絵の具を使ったので、7年経ったいまでも色あせることな飾られています。どちらかというとコピー用紙の白が黄ばんできたような・・・。


それからもう一つ。

d0320168_1495153.jpg



こちらは母の60歳のお祝いに送ったカードです。大きさはB5ぐらい。中に娘たち3人からのメッセージを挟んで、本のように作りました。


細い線で流れるようなHappy Birthdayの文字と、色あいが気に入っています。


ウェルカムボードもバースデーカードも、どちらも小田原真喜子さんの本を参考にしました。私はマネして描くことしかできないのですが、どの本も本当に素敵な図案ばかりで、どの図案にするかいつもすごく迷います。


最近はあまりカリグラフィーも活用していませんでした。でもせっかく道具も揃っていることだし、少しずつ練習をして、描きたくなったらいつでも描けるように準備しておこうと思います。


-----------

楽しみにしていてくださる方もいらっしゃるようなので(#^.^#)、久しぶりに昨日の晩御飯です。

d0320168_14211399.jpg


 鮭の炊き込みご飯(母作)
 茶碗蒸し(母作)
 イカのぬた(母作)
 かぼちゃグラタン(私作!)
 ゆで野菜


美味しゅうございました。。





↓↓ カリグラフィーもがんばります。応援よろしくおねがいします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2013-09-13 14:28 | カリグラフィー | Comments(2)

カリグラフィーの道具


先日、バースデーカードを作った際に、久しぶりにカリグラフィーの道具箱を開けました。そのついでに写真を撮ってみたので、本日のテーマは「カリグラフィー」です。


カリグラフィーってどのぐらい認知度があるんでしょう?私は最初、名前を聞いても何のことかわかりませんでした。「西洋習字」とでも言うのでしょうか。アルファベットの装飾文字のことです。これを習得すれば、素敵なカードが作れるなぁ、と思ったのがきっかけで、約7年前に本を見ながら始めたものです。


カリグラフィーで書いたカード ↓

d0320168_13545346.jpg



こういう文字のことです。もっといろいろな書体があって、すごく凝った複雑な文字も書けるようになるらしいです。私はまだまだイタリック体のみしか書けません・・・。


この文字を書くには、専用のペンが必要です。では、ざっと道具を紹介します。


d0320168_1356768.jpg


こちら ↑ が専用ペンとインクです。


d0320168_13573296.jpg


ペン先はいろいろな太さがあって、取り換えられるようになっています。

一番下の黒いペン軸に着けられるペン先は、平らになっていて、文字の大きさによってペン先の太さを変えます。このペンを一番よく使うので、だんだんペン先が錆びてきている・・・。

その上の木のペン軸に着けるのは、ペン先が二股に分かれたものです。一度に2本の線が書けるので、二重の文字が書けます。

その上のギザギザは一度に5本の線が引けるもの。さらにその上は太い一本線を引くものです。

これだけあれば、いろいろな種類の文字を書くことができます。


インクはこちら ↓

d0320168_141581.jpg

                ガラス瓶に透ける色が素敵♥

ドクター マーチンのインクです。どんな色が必要になるかわからなかったので、とりあえず14本セットを購入しました。水性インクで、線を引くと微妙な濃淡ができて、どの色も素敵な色です。


インクは専用のものがなくても、ふつうの絵の具で代用できます。特に、お花の絵や模様を描くときには、こちらの絵の具を使います。

d0320168_1463113.jpg



そして、絵や模様を描くときは筆を使って。

d0320168_147732.jpg


この筆は、なぜかアメリカのスーパーマーケットで購入しました。激安でした(笑)。でも、筆は値段で差が出るものかもしれません。カリグラフィーでは平筆をよく使いますが、毛先がきれいに揃っている筆じゃないときれいに描けません。


以上、ここまでは、本格的にカリグラフィーをやりたかったら必要なもの。もし、「もっと手軽に、文字だけ書きたいわ」というときには、便利な水性ペンも売っています。

d0320168_14101664.jpg


ペン先は平らです。
d0320168_14104121.jpg


水性ペンは手軽だけれど、ペン先の太さや色が限られていたり、紙に書いたあとのインクの退色が早かったり、色の出方が一定なのでインクの濃淡が出なかったり、やはり機能的には物足りないなぁと思ってしまいます。


お恥ずかしながら、私が水性ペンで練習していたときの練習帳がでてきました(#^.^#)

d0320168_14174835.jpg


練習していると、やたら英語が書きたくなります。素敵な英語の詩でも知っていたらいいのですが、単語ぐらいしか思いつかず・・・・・・・・。


私が参考にしている本は、全部小田原真喜子さんの本です。カリグラフィーの本はあまり出版されていないようで、日本ではこの方が第一人者で、どの本にも小田原さんが関わっていらっしゃるようです。

d0320168_14204529.jpg


本屋さんの店頭でも見つけるのが難しいので(田舎では)、出会うたびに購入していたら、いつの間にか5冊になっていました(#^.^#)。


ちなみに、上にご紹介したペンやインクは、新宿の世界堂さんで購入したものです。東京出張のついでに仕入れてきました㊙。妹の結婚式のウェルカムボードを作るときだったので、気合を入れて一気に購入。がんばったな~、私。

長くなったので、ウェルカムボードはまた別の機会にご紹介したいと思います。




↓↓ 素敵なカードが作れるよう、応援おねがいいたします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2013-09-12 14:29 | カリグラフィー | Comments(4)

ラッピングとカードとおもてなし料理


先週、母の誕生日がありました。私が地元に戻ってきて初めての誕生日です。車で30分ほどの距離に住んでいるので、先週日曜日に両親をうちに招待し、小さな誕生日パーティーをしました。


昨日の記事にも書いた通り(過去記事はこちら)、こぎん刺しのエプロンをプレゼント。そのラッピングにもちょっとこだわってみました。


完成形はこんな感じ。

d0320168_14181813.jpg



これ、ラッピングの紙も手作りです。お習字のときに使う半紙に、お気に入りのハンコをぺたぺた押して、それを2枚作り、マスキングテープでつないで大きな一枚にします。これでラッピング用紙のできあがり♪


プレゼントを包んで、宛名を書いたタグを貼ってみました。半紙もタグも100均です(*^_^*)。今回のテーマは『森のハリネズミ』。木とハリネズミのハンコを使ってみました。


そして、メッセージカードもラッピングに合わせて作ってみました。


d0320168_14235035.jpg



こちらはハンコ&カリグラフィーで。カリグラフィーは、本当は万年筆のようなペンにインクをつけて書いたほうが微妙な色の濃淡が出てきれいなのですが、ペンを洗ったりするのが面倒だったので、今回はカリグラフィー用のサインペンで書きました。ちゃんと習ったことはないので、完全に自己流です。


これにメッセージを書き添えて、プレゼントと一緒に渡しました。母は「ラッピングも捨てられない!」と言っていました。こりゃ、もらったほうも大変だ(笑)。


そして、お料理もひっさしぶりにがんばりました!
メニューは、フィンランドのサーモンスープ、まるごとトマトのグラタン、本格パエリアです。


●フィンランドのサーモンスープ
d0320168_14291319.jpg


こちらは私がこれまで食べたスープの中で、一番おいしいと思ったもの。出張ではじめてフィンランドに行ったときに食べて感激し、もう一度食べたいと願っていたもので、3年後ぐらいに再度フィンランドに遊びに行ったときに迷わず同じお店に食べに行きました。人って、時間がたつとおいしかった記憶がどんどん膨らんでいって、実際にもう一度食べてみたら大したことなかった、なんてことがよくありますよね。もしかしたらそうなのかも、と思って2度目に食べたら、やっぱり最高!ということで、私の中の一番に確定したのです(笑)。


帰国してから何度かこの味を再現しようとアレコレ考えながら作ったことはあるのですが、しっくりこず。今回、本格的なレシピを見つけたのでチャレンジしてみたら大当たりでした。生のディルが「らしさ」を出すのには必須です。


●まるごとトマトのグラタン
d0320168_1435955.jpg


こちらは前回のリベンジです。今回は中身を、トマトとアボガドとシーチキンにしてみました。これをマヨネーズと塩こしょうで味付けして、くりぬいたトマトに詰め、チーズを載せて焼くだけ。簡単なのに見栄えがよく、味も◎でした。


●本格パエリア
d0320168_1437543.jpg

こちらも以前のリベンジ。数年前のクリスマスにはりきって作ったはいいけれど、なんとサフランを入れ忘れ(+_+)、とっても残念な結果に終わったのでした。そして、我が家ではそのときの失敗がことあるごとに語られるのです・・・。だからリベンジ!

前日から鶏肉でスープストックを仕込み、手抜きなしの本格的な作り方で作りました。ちゃんとご飯が炊けるかどうか心配でしたが、さいっこうにおいしかったです!ちなみにイカは夫が昼間に釣ってきたもの。獲れたてのピチピチを入れました。具材が多すぎてご飯が見えていませんが、ちゃんと黄色です(笑)。


そしてそして、デザートも作っちゃいました。

●カスタードプリン
d0320168_14432514.jpg


大きめの型で4人分焼きました。写真はちょっと味気ないですね。飾りが何もなくて。。

d0320168_1446726.jpg


お気に入りのロシア グジェリのティーセットでいただきました♪



こんな感じで、プレゼントの中身もラッピングもカードも、ごはんもデザートも全て手作りの誕生日パーティーでした。自分が一番楽しかったかも!! (まさか自己満足??)





↓↓ いろいろな手作り、応援してください!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2013-09-10 14:57 | カリグラフィー | Comments(6)