<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

作りかけのこぎん刺し


ようやく金曜日。壁の薄い我が家では、夜にミシンをかけることができません。くるみボタンをゴンゴンたたいてはめるなんてもってのほか(笑)。だから週末が待ち遠しいのです。


この週末を待ち望んでいる作りかけの子たち↓


d0320168_15111424.jpg

明日にはくるみボタンになる予定。こうして刺しただけの状態と、くるみボタンになった後とでは、全然イメージが変わるのが不思議。断然かわいくなる(はず)のです。そこがくるみボタンの魅力ですね。まだもう少し作り足すことになると思います。


こんなものもできてます ↓


d0320168_15111471.jpg

えへへ、こちらのほうが仕上がりが楽しみ。初仕立てのものなので、ドキドキ。いつもの横着病が出ないよう、慎重に仕立てていきたいと思います!


みなさんも、よい週末を!!




↓↓本日もおご訪問ありがとうございます!
  クリックしていただけると嬉しいです!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-01-31 15:21 | こぎん刺し | Comments(3)

ロシアの食器*グジェリ村へ

 

昨日の予告通り、今日は2年前にロシアのグジェリ村へ食器を買いに行ったお話です。とても長い記事ですけれど、よかったらお付き合いください(#^.^#)


グジェリ村はモスクワから南東へ車で約2時間のところにあります。私たちは、ロシア人の運転手さんにお願いして、車で連れて行ってもらいました。だから電車やバスなどの公共交通機関を使って行けるのかどうかは知りません・・・。


土曜日に出かけたのですが、ロシアでは大都市モスクワに住む人々が、田舎のダーチャ(別荘)で週末を過ごすため、田舎に向かって移動するので、道路がとても混雑します。渋滞に巻き込まれないよう、朝早くモスクワを出発しました。


グジェリ村に入ると、ロシアのちょっとした田舎(すごい田舎には何もなさそう・・・)の風景が広がっています。


d0320168_13410010.jpg

メインの道路から続く脇道。舗装もされていません。両脇にダーチャが立ち並び、それぞれの家の柵が見えます。電柱も心もとない感じで立っています。なんだかドナドナの歌が聞こえてきそう・・・。


d0320168_13410090.jpg

こちらは道路脇の光景。大きなおしりのおばあさんと、積み上げられた果物、古ぼけた車とその中のマッチョでタトゥな咥えタバコのお兄さん。信号待ちで止まった時、オォっと思って思わずシャッターを切りました。いかにもロシア~って感じで、お気に入りの一枚です。


さぁ、お目当てのグジェリ陶器の工場へ到着です!


d0320168_13590986.jpg

真ん中のミイラは母です(笑)。この建物もいかにもロシア、というか、ソビエトって感じです。『冷たい』という印象^^。1階の出っ張った部分が直販所になっていて、奥の4階建ての建物が工場です。今回は工場見学の予約をしていたので、中の様子を見ることができました。興味津々。


d0320168_14195508.jpg

絵付け後、焼成工程を待つ食器たち。こんな状態のものがあちらこちらにありました。地の色がピンク色なのには、意外な訳がありました。1回目の素焼き(このときは白色)の後、ひびが入っていないかどうかを確認するため、ピンク色の釉薬をかけるそうです。そんな工程があるなんて、初めて知りました。


d0320168_13410070.jpg

絵付けをする職人のおばさん。いろいろな太さの筆を使って描いています。お皿を回しながら、シュシュシュ~と絵を描いていました。すごいな~。


使う顔料はコバルトだそう。昔はいろいろな色の色素を使って、青以外の色の食器も作っていたそうです。その中でコバルトブルーだけに絞られていったのは、コバルトが一番安い原料だったからだそう。超現実的な選択方法(笑)。でも結果的にとても素敵なので良い選択でしたよね。


この工場では、これらの工程以外に、最初の型ぬきのところから、焼成窯まですべて見せてくれます。土曜日だったので工場はお休み。なぜ絵付けのおばさんだけが居たのかはよくわかりませんでしたが、作業風景を間近で見ることができてラッキーでした。


そして、工場には併設の展示室があります。ちょっとした博物館のよう。


d0320168_13410056.jpg

作家さんごとに作品が展示してあります。何人かの作家さんを工場が雇っている、という形態のようです。それぞれの作家さんで、全然雰囲気の違う作品になるのが面白い。個性がはっきりと出ていました。


さて、工場を後にし(もちろん工場の直販所でもお買いものしましたよ)、道路脇に点々とあるお店を3軒回りました。一番たくさん買い物したのはこちらのお店。


d0320168_14370822.jpg

左端のミイラ2体は母と姉です^^。お店の中の写真は興奮しすぎて撮り忘れ(笑)。倉庫のように棚がいっぱいあって、もう棚の上から下までびっしり、無造作に食器が並んでいました。そんなお宝の山の中からお気に入りを発掘するのは、超興奮のひとときです。あっちがいいか、こっちがいいか、あれこれ悩み、他にも掘り出し物はないかとキョロキョロ。私のティーセットのほとんどはここで買いました。姉も自分用のティーセットをひと揃え。段ボール2個分の荷物となりました。


だけど、日本人の観光客がバカみたいに買っている、というわけでもなく、現地の若いロシア人カップルが、私たちと同じように食器をひと揃え買っていったり、他にもたくさん買っているおばさんもいました。値段が安いこともあってか、やはり日常使いされている食器のようです。


別のお店の中の様子 ↓


d0320168_13410071.jpg
電気のシェードまでグジェリ。ここが一番お店らしいお店でした。他のお店は倉庫か?っていう感じのそっけなさのところが多かったです。これまたソビエト式っぽくてよかったですけどね。


家に帰って(姉の家に泊めてもらっていました)荷解き。


d0320168_13593677.jpg

段ボール2箱+レジ袋3つ分の食器たち。


d0320168_13410055.jpg

私のティーセット、姉のティーセット、母の買ったお土産。お店が開けそうです~。


ちなみに、姉のティーセットはこんな感じ ↓


d0320168_13410035.jpg

私のものに比べると、かなり繊細な柄です。ネット模様が特徴的。そしてお値段もだいぶ高かった(!)。でもこちらも素敵だな~。


というわけで、2日に渡ってグジェリ陶器の魅力をお伝えいたしました(笑)。伝わりましたでしょうか?? ながーくなりましたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました029.gif






↓↓ 昨日はたくさんのクリックありがとうございました!!
   本日もよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-01-29 15:12 | 食器 | Comments(4)

ロシアの食器*グジェリ

 
早くこぎん刺しの新しい作品をupしたいのですが、まだまだがんばって刺しているところです・・・。今夜、刺し終わる予定。仕立ては今週末かな・・・。


さて、今日はロシアの食器 第三弾です。私の超お気に入り、グジェリ陶器です。


d0320168_13491884.jpg

こんなふうに、白地にコバルトブルーの絵が特徴的です。もう15年も前に初めてロシアに行ったとき、このグジェリに出会いました。その当時大学生だった私には高級だったし、まだ食器にそんなに興味もなく、そのときは母へのお土産にティーセットを買って帰っただけでした。


でもそれ以来、実家でそのグジェリのティーセットを使うたびに、だんだん「素敵だな~、欲しいな~」と思うように。そして食器に興味津々となったここ数年では、ティーセットを揃えるならグジェリで、と心に決めていました。とはいっても、日本ではなかなか手に入るものではありません。インターネットで輸入品を売っているけれど、とんでもない値段!だから、2年前にロシア旅行に行くことが決まった時、グジェリの食器を買うことが最大の旅の目的となったのでした。


で、グジェリ村まで買い付けに行ってきましたよ~。モスクワから車で2時間弱のところにあるグジェリ村。そこの工場や直販所で買うのが、安いし、何より種類が豊富で選びたい放題、ということで、モスクワ市内のお土産物屋さんで買うのではなく、グジェリ村まで足を運んだのでした。このときの様子は、ぜひご紹介したいのですが、ながーくなるのでまた後日(笑)。今日は私のコレクションの紹介だけにしておきます♪


d0320168_14005663.jpg

こちらはティーセットの主役、ティーポットです。グジェリの中でも、もっと繊細な絵のものや、ごちゃごちゃと装飾がついたもの、金色で絵付けされているものなど、いろいろな雰囲気のものがあります。私は『ロシアの田舎』っていう雰囲気の、素朴で暖かい感じのどっしり系を選びました。なんだか普通の家庭で普通の食事に使われていそうではないですか?


お店では、一つのセットとしてティーセットが売られているわけではなく、ティーポット、カップ、ソーサー、クリーマーなど、用途別に置かれていて、その中から自分で選んでセットにしていきます。私はこのティーポットを軸に、他のものを集めていきました。


次に決めたのはこれ。


d0320168_13491845.jpg



ミルククリーマーとシュガーポット。ティーポットに似た雰囲気のものをチョイス。こちらもどっしり系^^。


そしてカップ&ソーサー。


d0320168_13491952.jpg

こちらも似たような柄。カップとソーサーも別売りです。このソーサー、実は楕円形で、ちょっとめずらしいタイプのものです。日本式に5客そろえるつもりでしたが、同じカップが4つしかなかったので、4客に変更。ないものはない。とてもロシアらしいです(笑)。


そしてケーキ皿。


d0320168_13491935.jpg

こちらも4枚にしました。手前右のお皿だけ、絵が少しこぢんまりとしているのがわかりますか?


d0320168_13491992.jpg

裏に絵付けをした人のサインがあるのですが(グジェリはすべて手描きの絵付けです)、この一枚だけが違う人のものでした。


d0320168_13491940.jpg

こんなに違う。左の人はおおらかな性格、右の人は気の弱い人、かな?? ひとつづつ違いがあって面白いです。


ここまでのセットで1万円ちょっと。びっくりのお値段です。だって、このティーポットで約1500円なのですよ。カップ&ソーサーが1客500円。安っ!! 今回のこのティーセットは、姉からの結婚祝いだったのですが、「安いからもっと買いなよ」という姉のお言葉に甘え、さらにケーキスタンドを追加。


d0320168_13491918.jpg

じゃーーん。


d0320168_13491915.jpg

素敵です~。こんなの日本では出会えません。


最後はおまけ。


d0320168_13491934.jpg

うぅ、かわいい。こういうお人形もたくさんありました。これはバターを作る人??いや、よくわかりませんが、ロシアの女性の日常っぽかったので、これにしました。


d0320168_13491987.jpg

全部そろうと圧巻です。ていうかこれ、全部トランクと手荷物とに分けて持って帰りました。しかも他のものもいっぱい買ったので、帰りは行商の人みたいでした(笑)。でも、ぜーーんぶ持って帰ってきて本当によかった。私の宝物です。


我が家では、


d0320168_14273872.jpg

食器棚の一番下、最も安全な場所に収まっています。夫も決して自分からは触りません。割れると怖いから、ではなく、割ると私が怖いから、だそうです^^。


明日は滅多に見ることのできない工場内の様子など、グジェリ村での買い付けのときのお話をupする予定です。2年前のお話ですが、興味のある方はどうぞ覗いてみてくださいね(#^.^#)





↓↓ 本日も応援クリックよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-01-28 14:36 | 食器 | Comments(2)

最近のごはん6


作りかけのこぎん刺し、布目が細かすぎて、なかなか進みません・・・。ので、今日は撮りためたごはんの写真です。


d0320168_14294673.jpg
    豚の生姜焼き(お肉は母より・・・)
    かぶとさつま揚げの煮物(私作!)
    たっぷりサラダ(母より)

生姜焼きのたれに、すりおろしにんにくを少し入れたら、味に深みが出ました。なかなかよかったです。


--------------
d0320168_14293394.jpg
    茹で鶏 ~マヨネーズ&しょうゆ&辛子のソースで~ (母作)
    ホットサラダ(私作!)
    ミネストローネ(母作)

ホットサラダのかぼちゃは、レンジでチンした後、バターで表面に焦げ色がつくまで焼きました。パプリカはオリーブオイルで炒めただけ。どちらも甘くておいしかった!


--------------
d0320168_14293390.jpg
    ステーキ(お肉は母より・・・)
    ほうれん草のソテー
    ふかしポテト
    白菜と豆腐のスープ

ステーキのお肉は、薄いけどジャンボ! 薄いので硬くなるかと思ったけれど、やわらかく焼けました。


--------------
d0320168_14293300.jpg
    いわしのかば焼き丼(いわしは母より)
    マカロニサラダ(母より)
    チーズがとろ~り 豚ニラ餃子(私作!)
    ネギと豆腐の味噌汁

豚ニラ餃子は超簡単!餃子の皮の上に、塩コショウしたスライス肉を置き、その上にニラとチーズを置いてくるくる巻きます。これを油多めでカリカリに焼いたらできあがり。とーってもおいしかったです。(こちらのレシピを参考にしました→)ニラの代わりに大葉を巻いてもおいしそう・・・。



--------------
d0320168_14293344.jpg
    ぜんざい(レトルト^^)

休日のお昼ご飯。レトルトのぜんざいがあったので、残ったお餅を焼いていただきました。甘いんだけど薄い。やっぱりあんこから作ったほうがおいしいかも・・・。


--------------


というわけで、毎日おいしくいただいております。母のおかげです(#^.^#)

今週末はこぎん刺しを刺しまくる予定。楽しみです。






↓↓ 本日もポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-01-24 14:55 | うちごはん | Comments(2)

ご注文品*ヘアゴム



ご注文いただきましたこぎん刺しのヘアゴム、できあがりました。


一つ目は、紺地×白の市松模様。

d0320168_16232729.jpg

今回は刺し子糸を使ってみました。刺繍糸と違って、ずいぶんはっきりとした糸です。『THE こぎん』といった色の組み合わせですが、市松模様がモダンな雰囲気にしてくれました。これならどんな服にも合いそう。


二つ目は、薄緑地×ピンク。


d0320168_16232760.jpg

「ラデュレの雰囲気で」とのご注文。少し緑が薄すぎたかなぁ・・・。いつもストライプはすべて同じ太さの線にするのですが、今回は太線と細線を組み合わせてみました。ちょっとおしゃれになったような気がします。次からはこれでいこう♪



二つ並べて。。
d0320168_16232695.jpg

こんな風に仕上がりましたが、いかがでしょう・・・?





↓↓ 本日も応援クリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-01-22 16:31 | こぎん刺し | Comments(4)

レトロな洗い桶


先週の土曜日、近くの雑貨屋さんに行ってきました。私が住んでいるこの辺りでは、一番大きな雑貨屋さん。ちょくちょく偵察に行っては、チビチビと雑貨を買っています。とはいっても、我が家は狭くてモノの置き場に大変困るので、実用的なもののみなのですが・・・。


今回は、ずーーーっと欲しかった琺瑯の洗い桶をゲットしました。


d0320168_15490292.jpg

レトロな北欧っぽいデザインです。


d0320168_15490530.jpg


お花とダーラナホース。明るい青色もかわいいです。


この洗い桶で何をするかというと、洗濯物の煮沸です。タオルって、使っていると臭ってくることがありませんか?我が家だけ?? そこで、これまでは定期的に洗面器に熱湯を入れて殺菌消毒していたのですが(これだけでも効果あり)、やっぱり煮沸したい!と思っていたのです。


だから直火にかけられるよう、琺瑯の大き目な洗い桶が欲しかったのです。この洗い桶ならバスタオルも煮沸できそう。「顆粒のワイドハイターを入れるといいよ」と母が教えてくれたので、試してみようと思います。キッチンの布巾類も煮沸消毒してみようっと。


心配なのは、直火にかけて割れたりしないか、ということ。琺瑯なのは琺瑯だけど、お値段1050円。ふつう、琺瑯ってもっとお高い気が・・・。


・・・、とにかくやってみます!



--------------

ただいま作りかけのもの。


d0320168_15490813.jpg


細かい目の布にはまっています。びっしりみっちり刺したいと思います。時間かかりそう・・・。そして首肩腕が痛い・・・。




↓↓ 本日も応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-01-21 16:07 | 雑貨 | Comments(2)

くるみボタン

 

冬休み明けから、何だかやる気が起きなくて、いつもならせっせとこぎん刺しをする夜の時間も、ぼーっとテレビを見て過ごしていました。が、急にスイッチ入りました!


なぜなら、くるみボタンのヘアゴムを作ってほしいとの依頼が来たから。どんなのがいいかな~、と、またまたたくさん試作をしてみました。

では、ひとつずつ発表しまーす。


d0320168_14432615.jpg

薄緑色×青。依頼主である妹が、この配色もいいかな~、と悩んでいたので作ってみました。



d0320168_14432628.jpg

こちらは薄緑色×青緑色。初挑戦の色ですが、ミントガムみたいな爽やかなイメージになりました。



d0320168_14432603.jpg

こちらも薄緑色×薄紫色。コントラストを抑えてみました。雪のような、やさしいけれどクールな印象です。


d0320168_14432658.jpg

いつものうろこ柄。生成×小豆色。落ち着いた和の雰囲気になりました。


d0320168_14432694.jpg

こちらは初めて刺した「猫のまなぐ」。「猫の目」という意味です。確かに猫がこっちを見ているよう。ベージュ×赤で刺してみました。


d0320168_14432616.jpg

最後は、この前作ったものと同じ(過去記事はコチラ)。弘前こぎん研究所出版の「津軽こぎん刺し」に載っていた図案です。これは母が気に入ってくれていたのでプレゼント。




d0320168_14380858.jpg

くるみボタンって本当にかわいいなぁ。できあがったものをついつい眺めてうっとりしてしまいます。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-01-20 14:56 | こぎん刺し | Comments(0)

段染めセーター


とっても寒い日が続いています。毎日どんより曇り空で、灰色の冬です・・・。


今日の話題は、そんな寒い冬から私を守ってくれる、あったかセーターです。


d0320168_14130701.jpg


こちら、昨年3月に編みました。もう冬も終わる、というころ。編みあがったころには暖かくなっていて、結局一度着たきりでこの冬まで仕舞われていました。この冬、本格的に活用しているのですが、とってもとっても温かいです。


d0320168_14130731.jpg


全てが編みこみなので糸が2重になっているため、温かさは既製品の比ではありません。


参考にしたのはコチラの本。


d0320168_14130756.jpg


パピーの毛糸を使った作品がたくさん載っています。


d0320168_14130759.jpg


この写真を見て、『フェアアイルって多色使いだから、毛糸を買うのも、編むのも大変そうだなぁ』と思っていた私。よーく読むと、3種類の糸しか使っていないではないですか!そう、地の糸が段染め糸だったのです。


d0320168_14125668.jpg





パピーのトリオーラ。段染め糸を使えば、地の色が次々と変化していくので、まるでたくさんの糸を使っているかのように見えるのです。言い方はナンですけど、”手抜き”できちゃう。


d0320168_14125410.jpg



編みこみ模様は、指定糸が手に入らなかったので、ハマナカのソノモノ アルパカウールを使用。この糸は以前、ベストを編むのに使ったことがあって、なかなか気に入っている糸です。


d0320168_14130788.jpg


トリオーラはとってもきれいな段染めです。どの部分も私の好きな色。編み進むにつれて、どんどん表情が変わっていくので、編んでいてすごく楽しい糸でした。途中、プチプチとネップもあって、近くで見ると模様がぼんやりしていますが、少し離れると白とグレーの編みこみ模様がしっかりと浮かび上がって見えます。


全くチクチクもしないし、少し緩めに編んだので着心地も最高!とっても気に入っています。


今、本の写真をよく見てみたら、モデルさんが帽子をかぶっていますね。トリオーラが1玉残っているので、帽子でも編もうかな~。1玉では足りないかしら・・・。検討してみたいと思います。





↓↓ 本日もポチッと応援お願いいたします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-01-17 14:35 | 編み物 | Comments(4)

我が家の鍋つかみ



先日の話題に引き続き、今日も我が家の鍋つかみたちのご紹介です。


まずは私のハワイアンキルト1作目です。


d0320168_13265338.jpg

パンの実のモチーフだったかな・・・?モチーフの布には、フラダンスをしている女の子の絵が描いてあります。もう約9年も前に作ったものなので、だいぶ色あせてきましたが、もったいなくてほぼ未使用です(笑)。


お次もハワイアンキルト。


d0320168_13325211.jpg

こちらは幾何学模様ではなく、ハイビスカスのアップリケです。実際にハワイに行ってみると、やはりハイビスカスとプルメリアが印象的でした。この鍋つかみは、その名のとおり、熱くなってしまう鍋蓋をつかむために作ったので、小さ目で薄手にしてあります。とっても使い勝手がよく、4年目でだいぶ汚れてきましたが、バリバリ現役です。


d0320168_13265596.jpg

こちらはところ変わってロシアのマトリョーシュカ。このマトリョーシュカは、こういう柄の布があったので、モチーフ部分を切り取ってアップリケしただけのものです。


d0320168_13454838.jpg

実はこんなにたくさん作ってひとつだけ手元に残し、あとはバザーに出してしまいました。


ということで、我が家の鍋つかみはすべて手作り。


d0320168_13265915.jpg

一番左の奥にうつっている黄色い鍋つかみは、高校生のときに初めて作ったもの。なんと18年前!『来年から一人暮らしだし~』と思ってはりきって作ったのはいいけれど、肝心な受験に失敗。使うのはさらに一年後のこととなったのでした(笑)。


こんなにたくさんの鍋つかみがキッチンにぶらさがっているのですが、実際によく使うのは2~3枚だったり・・・。どれも愛着があって捨てられません。手作り品って罪だわぁ。


さて、次のこぎん刺し。何を作ろうか迷っていて、まだ手をつけていません。冬休みの間、針仕事をしなかったうえに、インフルエンザ騒動などもあり、年末に何をたくらんでいたのか忘れてしまいました(>_<) うーーん、思い出せない。





↓↓ はやく次のこぎん刺しに取り掛かれるよう、応援お願いいたします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-01-15 13:58 | ハワイアンキルト | Comments(0)

こぎん刺しの鍋つかみ



我が家で長年愛用してきた鍋つかみ。気が付くとこんな姿になっていました↓。


d0320168_15524468.jpg

お茶目なお顔に活躍した痕跡がいっぱい。いつだったか忘れるほど前に、姉がプレゼントしてくれたものです。厚手で鍋敷きとしても使えるので、とっても重宝して使ってきました。が、もう洗ってもペタンコになるばかりで、きれいになりません。そろそろお役御免か、ということで、こぎん刺しで新しい鍋つかみを作ってみました。


d0320168_15430573.jpg

前のがとっても使いやすかったので、同じサイズで同じぐらいの厚みにしてみました。図案は一応オリジナル(だと思う)。いろいろな四角を並べてみました。ちょっとモダンな雰囲気になったかな。


d0320168_15430506.jpg


布は、はじめてコスモのコングレスの白を使いました。細かいくるみボタンを作った後だったので、ザックザック進み、とっても刺しやすかったです。目をこらさなくても布目がはっきり見えるのってほんと楽ちん。


d0320168_15430409.jpg

裏はシンプルな白黒チェック。縁のパイピングはせずに、中表に袋状に縫ってひっくり返す方法でもよかったのだけど、端が分厚くなると鍋をつかむときに硬くて邪魔になるので、パイピング仕上げにしてみました。実はこの写真は、パイピングをし直したもの。1回目に勢いでパイピングをしたら、ものすごーーーく雑な仕上がりに。母から「もったいないから直しなさい」とダメ出しをくらいました(笑)。いつも仕立てで手を抜く私。今回はやり直して、きれいに仕上がりました。


いざキッチンで使おうとするともったいなくて・・・。


d0320168_16003371.jpg

結局、古い子も捨てられなくて、こぎん刺しのは観賞用、実践部隊は古い子です・・・。顔の刺繍になっているから、余計捨てられないんだわ。おでこにシミを作りながら、『ぼく、まだまだがんばるよ』と訴えかけてきている気がします。しばらく、2枚とも併用です(#^.^#)






↓↓本日もポチッと一押し、お願いいたします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-01-10 16:21 | こぎん刺し | Comments(2)