<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

待ちに待った砥部焼


いつ来るか、いつ来るか、と首をながーくして待っていたものが届きました!


d0320168_11145924.jpg


ジャン。砥部焼の湯呑です。いきなり緑茶が入ってます^^。今年のゴールデンウィークに砥部を訪れた際、注文してきたものです。じつは、この湯呑とは運命的な出会いだったのです。この先長くなりますが、興味のある方はお付き合いください(#^.^#)


砥部焼の町で買いたかったものの一つが、湯呑でした。初めて訪れたので右も左もわからず、まずは観光センター(いろいろな窯元の作品が集まっている)に、どの窯元がどんな作品を作っているのかチェックをしに行きました。そこでいろいろ見ているうちに、これいいかな~、と思う湯呑があり、それを作っている窯元を訪れることにしました。


そして、その窯元へ行ってみたのですが、お留守。仕方なく引き返し、最後にもう一度観光センターによって、そこで買おうということになりました。でも、その前に、せっかくだからと砥部焼伝統産業会館を見学に寄ったのです。ここでは砥部焼の歴史が学べるような展示がしてありました。で、そこの展示品に一目ぼれ!


本当に一目見て、「これだ!」と思ったのです。でも展示品なので、どこの窯のものかとか、どのぐらいの年代のものなのかもわからず、ダメもとで職員さんに聞いてみました。すると、職員さんが展示品をベリっとはがし(落ちないように両面テープでくっついていた)、裏をみて窯元を教えてくれました。「今も作っておられますか?」と聞くと、「わからないので窯元に問い合わせてみましょう」と早速窯元に電話をしてくれました。窯元からの返事では「今は作っていない」とのことだったのですが、一度窯元を訪ねてみることにしました。



d0320168_11330799.jpg

その時撮った写真がコレ↑。夫が慌てて撮ってくれたので、ひどい写真ですが・・・(笑)



その窯元は、「岡田陶房」さんといいます。あいにく、製作者であるご主人は近くで開かれていたイベントに出かけておられ、お会いすることができなかったのですが、奥様が対応してくださいました。そして、伝統産業会館で撮らせてもらったこの写真を見てもらい、「これは今は作っていないですか?」と聞いてみると、「20年ほど前の作品なので、今はつくっていないけれど、作れるかもしれない」と言って、すぐにご主人に電話で聞いてくださいました。


ご主人の返事は、「作れますよ」とのこと! ただし、もう木型を保管しておらず、木型から作らないといけないので、少し時間がかかるとのことでした。はい、全然かまいません!! 伝統産業会館から実物を借りてきて、木型を起こしてくださるとのこと。私のわがままですみません・・・。


そんな経緯で作ってもらうことになり、そして、8月に入って届いたのです。


d0320168_11145992.jpg


すてき~。この湯呑の気に入っているところは、全体のぽってりとしたフォルムと、どっしりとした高台のデザイン。そして、肝心の飲み心地(唇に触れた感じ)も◎でした。


早速、お茶タイムです。


d0320168_11145970.jpg


ずっと冷蔵庫に入っていた栗かのこと一緒に。栗かのこの小皿も砥部焼です。今の時期は暑くて、なかなかお茶を入れないのですが、これからずっと大切に、だけど毎日使っていこうと思っています。


窯元との連絡を取ってくださった伝統産業会館の職員さん、丁寧に対応してくださった岡田陶房の奥様、そして快く製作を引き受けてくださったご主人に感謝です! なんだかとっても人のつながりを感じ、今の時代、目に見えない相手とのやり取りが増えているけれど、やっぱり実際の人と人との関わりには変えられないなぁ、と強く思いました。そんな特別な想い出の詰まった砥部焼、我が家の宝物です。




↓↓ 本日も応援クリックよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-08-05 11:52 | 食器 | Comments(1)

最近のベランダガーデン


8月突入です。夏真っ盛り。春に始めたベランダガーデンも、今のところ脱落者を出すことなく、順調に育っています。この季節になっても、意外と花をつけているものが多く、びっくりです。



●寄せ植え
d0320168_13320611.jpg

我が家唯一の寄せ植え。植えた当初はひょろひょろと青白かったサマーロベリアが、すごく成長して茎も丈夫になり、花もたくさんつきました。白いバーベナも3度目の開花です。一緒に植えていたかすみ草は、2度目の開花で一斉に咲いた後、みるみるうちに枯れていきました。一年草ってそういうものなのですね・・・。サマーロベリアとバーベナの勢いにおされ、プミラは肩身が狭いもよう。全くバランスのとれていない寄せ植えになってしまいましたが、一つづつは元気なので、このまま咲いていてもらいます。


●ダールベルグデージー

d0320168_13320644.jpg

一番の新入りのこの子も、我が家にやってきて1ヶ月以上たちました。ハゲハゲで心もとない茎をよそに、花は次々と咲いています。小さくてかわいい。部屋の中から目に入るので、いつも癒されています。


●ブルーデージー

d0320168_13320606.jpg

一度花が終わったのですが、花の咲き終わったところだけ切り戻しをしておいたら、いつの間にか株が二回りぐらい大きくなり、また花が咲き始めました。つぼみもいっぱい。夏らしい涼やかな姿です。


●アイビーゼラニウム

d0320168_13320691.jpg

この人は強い! 4か月間、休むことなく次から次へと花が咲いています。この明るいピンクが、ベランダをパッと明るくしてくれます。ちなみに、手前でびよ~んと伸びているのは、グニーユーカリです。最初はゼラニウムのハンギングに届かないぐらいの背丈だったのに、今では追い越してしまいました。さすが、成長が早いです。



●ミニバラ

d0320168_13320654.jpg


こちらもこれまでに二度花が咲き、今回が三度目です。3つつぼみがつきました。相変わらず葉の色は弱々しいですが、どうやら元気な様子。



●ダリア

d0320168_13320687.jpg


ダリアも4か月間、次から次へと花をつけてくれます。すごいな~。


●ワイヤープランツ


d0320168_13320535.jpg


はっきりいって、「咲きすぎ!」(笑)。こんな状態のワイヤープランツは初めて見ました。この花の蜜がおいしいらしく、毎朝ここだけ蜂が来ます。蔓の部分も、本物の針金みたいに、がっしり強くなりました。


●オレガノ ケントビューティ

d0320168_13320642.jpg

花が終わった後、どんどん枯れていったので、バッサリ剪定してしまったオレガノ。芽が出てきたと喜んでいたら、一つだけ花が咲いていました! もうダメだと思っていたのに、この嬉しさといったら!!かわいくてしょうがないです^^。


●ベルフラワー

d0320168_13320646.jpg


こちらも花の終わりとともに、葉っぱがどんどんとろけてしまったので、バッサリカットしました。きれいな緑になって、花がちらほら。でも、環境が悪かったらしく、土にコケが生えている・・・。この鉢、底にカバーがついているのですが、そこに水がたまるので、蒸れているのかなと思い、カバーをはずしてみました。今後どうなるかな?


●クローバー ティントルージュ

d0320168_13320640.jpg


唯一かわいそうな子。暑すぎるのか、枯れる葉が目立つようになりました。朝と夕の2回の水やりでも追いつかず、ぐったりしていることが多いです。しかも下へ下へと伸びていっているので、余計にぐったり感が・・・。場所を変えたほうがいいのかしら?


という具合に、夏なのに意外と花がきれいに咲いていて、うれしいベランダです。


d0320168_14401643.jpg


個々の鉢が成長して、もっさりわっさりしたベランダになってきました。いい感じ。このまま夏を乗り切ってくれますように!






↓↓ 本日も応援クリックよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村
[PR]
by eym3 | 2014-08-01 14:45 | ベランダガーデニング | Comments(2)